株式会社フレンド

君島 有俊
君島 有俊

RECRUIT INTERVIEW

フレンドに入社を決めたきっかけは何ですか?

もともと在宅に興味があったので、就職活動では在宅や介護施設とのつながりが強い会社を希望していました。会社説明会での在宅の話、無菌調剤の話にかなり興味を惹かれ、その後会社見学をさせて頂きました。そこで驚いたのが社内のアットホームさでした。フレンドという社名に沿ったように、ベテランから若い社員の方まで分からないことは教えあって、互いに確認しあって業務をしていたのです。私のイメージ中の堅苦しい薬局とはかなり違った雰囲気にさらに興味を惹かれて入社を決めました。

仕事をしていて大事にしている事は何ですか?

どんな時でも患者さん目線に立つことです。病院で長いこと待った後来局するため、調剤は基本的に全速力で行います。調剤室の中では無駄話をしていると思われないよう注意して行動します。監査は処方箋の内容に問題がないかはもちろん、処方されている薬が体質や疾患的に使うことができる薬かどうかも考えつつ行います。服薬指導は患者さんが今どんな情報が欲しいのか、急いでいるのか、ゆっくり話がしたいのかなどを読み取り、患者さん1人1人に合わせた細やかな服薬指導を心がけています。

プロフィール:君島 有俊
RICRUIT INTERVIEW

フレンドに入社して驚いた事は?

入社したてのころは患者さんの数や処方箋に書いてある薬の多さ、なにより薬局に在庫してある薬の数に驚きました。少し慣れてきてからは先輩薬剤師の知識の多さや動きの速さに驚きました。どうしたら先輩のようになれるのかと憧れたものです。また、他の同規模の会社では上層部と顔を合わせる機会は少ないと思いますが、フレンドの上層部はフットワークがとても軽く、しばしば顔を合わせます。特に社長や執行役員。調剤薬局事業部部長は現在も現場で働いています。

フレンドに入社してよかった、
やりがいがあると感じたことは?

現在はヘルプのため多数の店舗で働かせて頂いております。そのため多様な処方せんに触れることができ、いろいろな治療方法を学ぶことができました。1つの薬局でずっと続けることも勉強になりますが、いろいろな店舗で経験を積むのも勉強になります。そんなことができるのもフレンドの良いところだと最近改めて思っています。また、平成25年には日本薬剤師会学術大会で発表もさせて頂き、好評を頂くことができました。勉強熱心なところも良いところですね。

5年、10年後の目標は?

5年目で学術大会発表を経験でき、無事成功もおさめましたが、そこで終了させず10年経っても引き続き経過を報告していきたいです。また、今後さらに在宅の重要度が増してくると考えられます。医師や看護師、介護職員とより密に連絡を取りあい患者さんを中心としたチームの中でしっかりと役割を果たせるだけの知識を蓄え、少しでも患者さんの役に立てるよう努力していきたいです。10年後には専属の患者さんが5人はいるはずです。

休日の過ごし方は?

妻と休みが合う時はここぞとばかりに買い物に出かけます。最近は長距離運転すると疲れてしまうので寝ることが可能な電車が多いですね。1人で休みの日は家でだらだらしていることが多いです。アニメやマンガが大好きなので昼食を食べるのも忘れて、平日に撮りだめしたアニメを見たり、買っておいて読んでいないマンガや本をずーっと読んでいます。本当なら家の掃除や洗濯もしなくてはならないのですが、その辺は妻に任せて・・・。少しはやりますよ。少しは。

フレンドの魅力を一言で表すと何ですか?

柔軟

これから入社してくる後輩にメッセージを!

フレンドは読んで字のごとくとてもフレンドリーな会社です。上層部も柔軟で話も通りやすく、若い世代もたくさん働いているので何か分からないことがあればすぐに聞くことが可能です。また、これから確実に求められるであろう在宅の経験も豊富で、介護事業部もあります。

1日の過ごし方について教えてください。

1日の過ごし方

エントリーはこちら