調剤薬局

1
地域の皆さまのかかりつけの薬局を目指し、安心、安全のもと、来局される患者さまに常に清潔な空間と患者さまお一人お一人に合わせた丁寧な対応でお薬をお渡ししています。また、患者さまの緊急のご相談にも対応できるよう、24時間体制で電話を受けつけ患者様の不安を少しでも軽減する努力をしています。
img
調剤業務の流れ
1
処方せんとお薬手帳をお預かりします。初めてご来局された患者さまには、お薬を安全に服用していただくために、副作用や体質などに関する問診票にご記入いただきます。患者さまに少しでも安心していただけるよう笑顔で暖かな対応を心がけています。
処方せんの内容をレセプトコンピュータに入力後、処方内容と薬歴や問診票、お預かりしたお薬手帳を確認し、必要があれば担当医に確認をします。また、処方された内容によっては経済性に優れたジェネリック医薬品への変更が可能なため、患者さまへご案内をしています。
処方せんに従って薬剤師が、正確かつ迅速に調剤いたします。飲み忘れや飲み間違いを防ぐために医師の指示に基づき一包化(服薬時期が同じ薬を、まとめて一袋にする事)や錠剤を飲み込むことが困難な患者様の場合は粉砕等を行っています。
監査は、調剤したお薬の最終的なチェックです。
正しく医薬品が調剤されているかをしっかりと薬剤師が確認を行い調剤過誤防止に努めます。調剤を行った薬剤師とは別の薬剤師が鑑査を行うことで、間違いをさらに減らすことができます。
お薬の用法、用量・効果・副作用等を丁寧に分かりやすく患者さまにご説明しお渡しいたします。安心してお薬を服用して頂くために、患者さまとのお話の中で、副作用など不安に感じていることを確認しながら一人一人に合ったご説明を心がけています。
患者さまのお薬処方歴に服薬状況、服薬中の体調変化、副作用の有無、併用薬や飲み合わせの悪い食べ物等の情報を記録し、次回以降来局された際の監査や服薬指導に役立てます。
在宅医療サービス
1
img
患者さまがご自宅等で療養されるにあたり、処方せん等による医師の指示のもと専門の薬剤師が患者さまへの服薬指導はもちろん、服薬状況や薬剤保管管理状況などの確認を行っています。地域密着の企業として医師、看護師、ケアマネージャーなどの多くの医療福祉関係者と連携をとりながら、患者さま個々の症状に応じた最適のオーダーメイド医療が提供されるよう努力しています。また薬剤師がご自宅等での薬剤管理指導に直接関与することで誤薬や副作用の早期発見などのリスクマネージメントが可能になります。
ご利用の流れ
処方せん・かかりつけ医師の処方せんに基づきお薬を調剤いたします。
ご希望の日に薬剤師がお薬をお届けにまいります。
ご自宅での服薬指導の他に必要に応じて服薬状況、保管管理状態、副作用などを確認し服薬ケアを行います。
患者さまへの指導内容、服薬状況などを処方医に報告いたします。
<在宅医療サービスの実施店舗>
◎フレンド調剤 自治医大東店 ◎薬師寺調剤薬局 ◎宇都宮調剤ステーション薬局 ◎フレンド薬局 小金井店 ◎グリーンタウン調剤薬局 ◎フレンド薬局 表参道店 ◎南部調剤薬局 ◎宇都宮駅東 調剤薬局 ◎卯の里調剤薬局 ◎佐野調剤薬局 ◎フレンド薬局 東大宮店 ◎羽川薬局 →店舗検索はこちら
無菌調剤室/無菌調剤
img
フレンド薬局では、在宅医療の支援に積極的に努めており在宅医療の一環である輸液調剤にも対応できる無菌調剤室を設置しております。この無菌調剤室を利用し、可能な限り自宅療養をしたいと願う患者さまのご希望や、生きがい作りのサポートができるよう、大学病院薬剤部と連携して日々研修を重ね高度な技術を持つ薬剤師を育てています。
img
3
高カロリー輸液や抗がん剤などを無菌的に調製でき、適切な手順と環境の整備により、調剤薬局においても一定の品質を保つことができます。
<無菌調剤の実施店舗>
◎フレンド調剤 自治医大東店
◎宇都宮調剤ステーション薬局
→店舗検索はこちら

調剤薬局プロジェクト

3
薬剤師プロジェクト
近年、薬剤師業務はかかりつけ薬剤師、在宅、多職種連携など急速に多様化しており、幅広い知識、スキルが必要になってきています。法令遵守を目的とした薬事・DI業務・リスクマネージメント・安全対策を中心にプロジェクトを行っております。
在宅介護プロジェクト
日本の高齢化は医療分野の中でも加速し、在宅医療を受ける患者さんがこれからさらに増えていくことを考えると、保険薬局の薬剤師が積極的に在宅医療に取り組むことは必要不可欠です。そうした状況に対応できるよう、在宅業務のマニュアル、書式を整備、介護施設との連携ツール作成を行い、各店が在宅業務へ取り組みやすくすることを目的としています。
学術プロジェクト
各種加算を算定や薬歴内容を目的とした資料・ツール作成をします。また、日本薬剤師会をはじめとする各種学会での発表の企画をします。
事務プロジェクト
医療保険、介護保険、介護用品・OTC、安全対策・店舗管理等のグループに分かれ活動しています。医療保険は一般的な社会保険、国民健康保険の他、公費、自賠責、自立支援など保険制度の意味・意義を十分理解し、事務・薬剤師の職能に反映させることを目的に資料作成等を行います。介護用品・OTCでは、かかりつけ薬局として、一般用医薬品、健康食品、介護用品、医療機器の必要な商品説明ツール、POP販売ツール作成などを薬剤師と相談しながら行います。各店舗の事務管理マニュアルを取りまとめ、統一した手順で業務を遂行できるよう各種書類の整備や配置の指導などを行います。
3
3
3
ファーマネクス
2012.11.01

【特集】患者の特性に注目する

スクリーンショット 2014-05-02 16.26.29

薬師寺調剤薬局でのipad通訳アプリの活用が紹介されました
2012.11.01

観光庁HP、スマートボックスHPに薬師寺調剤薬局でのipad通訳アプリの活用が紹介されました

観光庁(多言語通訳システムの活用【(株)スマートボックス 

http://www.mlit.go.jp/common/000989939.pdf

 スマートボックス

https://smart-box.jp/

※フレンドでは薬師寺調剤薬局(栃木)、芝大門店(東京)に設置しております。

第3回 国際観光医療学会学術集会 で発表
2012.10.21

<2012年10月20日・21日>ポスター発表
(調剤事業部)外国人患者様へ服薬指導におけるipad通訳アプリの活用とその効果

(介護事業部)中国の老人施設と介護内容の現状

Friend_Pharmacy_03Friend_Pharmacy_10

第45回 日本薬剤師会学術大会で発表
2012.10.08

<2012年10月7日・8日>口頭発表 外来化学療法における薬・薬連携の取り組みと今後の展望

Friend_Pharmacy_06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Friend_Pharmacy_08

 

 

 

 

 

 

 

 

Fresh Leaf <AUTUMN 2012 Vol.4 No.4>
2012.10.01

【特集】今こそ、介護事業に乗り出そう! ー地域・在宅医療に参画するためのヒントを探るー

スクリーンショット 2014-05-02 16.26.40 スクリーンショット 2014-05-02 16.26.49 スクリーンショット 2014-05-02 16.26.59

日本臨床腫瘍学会学術大会発表
2011.03.23

<2011年3月16日>

2 / 212