調剤薬局

1
地域の皆さまのかかりつけの薬局を目指し、安心、安全のもと、来局される患者さまに常に清潔な空間と患者さまお一人お一人に合わせた丁寧な対応でお薬をお渡ししています。また、患者さまの緊急のご相談にも対応できるよう、24時間体制で電話を受けつけ患者様の不安を少しでも軽減する努力をしています。
img
調剤業務の流れ
1
処方せんとお薬手帳をお預かりします。初めてご来局された患者さまには、お薬を安全に服用していただくために、副作用や体質などに関する問診票にご記入いただきます。患者さまに少しでも安心していただけるよう笑顔で暖かな対応を心がけています。
処方せんの内容をレセプトコンピュータに入力後、処方内容と薬歴や問診票、お預かりしたお薬手帳を確認し、必要があれば担当医に確認をします。また、処方された内容によっては経済性に優れたジェネリック医薬品への変更が可能なため、患者さまへご案内をしています。
処方せんに従って薬剤師が、正確かつ迅速に調剤いたします。飲み忘れや飲み間違いを防ぐために医師の指示に基づき一包化(服薬時期が同じ薬を、まとめて一袋にする事)や錠剤を飲み込むことが困難な患者様の場合は粉砕等を行っています。
監査は、調剤したお薬の最終的なチェックです。
正しく医薬品が調剤されているかをしっかりと薬剤師が確認を行い調剤過誤防止に努めます。調剤を行った薬剤師とは別の薬剤師が鑑査を行うことで、間違いをさらに減らすことができます。
お薬の用法、用量・効果・副作用等を丁寧に分かりやすく患者さまにご説明しお渡しいたします。安心してお薬を服用して頂くために、患者さまとのお話の中で、副作用など不安に感じていることを確認しながら一人一人に合ったご説明を心がけています。
患者さまのお薬処方歴に服薬状況、服薬中の体調変化、副作用の有無、併用薬や飲み合わせの悪い食べ物等の情報を記録し、次回以降来局された際の監査や服薬指導に役立てます。
在宅医療サービス
1
img
患者さまがご自宅等で療養されるにあたり、処方せん等による医師の指示のもと専門の薬剤師が患者さまへの服薬指導はもちろん、服薬状況や薬剤保管管理状況などの確認を行っています。地域密着の企業として医師、看護師、ケアマネージャーなどの多くの医療福祉関係者と連携をとりながら、患者さま個々の症状に応じた最適のオーダーメイド医療が提供されるよう努力しています。また薬剤師がご自宅等での薬剤管理指導に直接関与することで誤薬や副作用の早期発見などのリスクマネージメントが可能になります。
ご利用の流れ
処方せん・かかりつけ医師の処方せんに基づきお薬を調剤いたします。
ご希望の日に薬剤師がお薬をお届けにまいります。
ご自宅での服薬指導の他に必要に応じて服薬状況、保管管理状態、副作用などを確認し服薬ケアを行います。
患者さまへの指導内容、服薬状況などを処方医に報告いたします。
<在宅医療サービスの実施店舗>
◎フレンド調剤 自治医大東店 ◎薬師寺調剤薬局
◎宇都宮調剤ステーション薬局 ◎フレンド薬局 小金井店
◎グリーンタウン調剤薬局 ◎フレンド薬局 表参道店
◎南部調剤薬局 ◎宇都宮駅東 調剤薬局
◎佐野調剤薬局 ◎フレンド薬局 東大宮店 ◎羽川薬局 →店舗検索はこちら
無菌調剤室/無菌調剤
img
フレンド薬局では、在宅医療の支援に積極的に努めており在宅医療の一環である輸液調剤にも対応できる無菌調剤室を設置しております。この無菌調剤室を利用し、可能な限り自宅療養をしたいと願う患者さまのご希望や、生きがい作りのサポートができるよう、大学病院薬剤部と連携して日々研修を重ね高度な技術を持つ薬剤師を育てています。
img
3
高カロリー輸液や抗がん剤などを無菌的に調製でき、適切な手順と環境の整備により、調剤薬局においても一定の品質を保つことができます。
<無菌調剤の実施店舗>
◎フレンド調剤 自治医大東店
◎宇都宮調剤ステーション薬局
→店舗検索はこちら

調剤薬局プロジェクト

3
薬剤師プロジェクト
近年、薬剤師業務はかかりつけ薬剤師、在宅、多職種連携など急速に多様化しており、幅広い知識、スキルが必要になってきています。そのため、フレンドでは服薬指導向上や薬歴の内容充実のためのグループ、薬事・DI業務にかかわるグループ、新人研修やリスクマネージメントを安全対策、OTCの売り上げ向上を目的としたグループ、学術・学会発表を目的としたグループに分かれ活動しています
在宅介護プロジェクト
日本の高齢化は医療分野の中でも加速し、在宅医療を受ける患者さんがこれからさらに増えていくことを考えると、保険薬局の薬剤師が積極的に在宅医療に取り組むことは必要不可欠です。そうした状況に対応できるよう、在宅業務のマニュアル、書式を整備、介護施設との連携ツール作成を行い、各店が在宅業務へ取り組みやすくすることを目的としています。
接遇プロジェクト>
薬局で一番初めに出会うスタッフは事務員で、その対応が薬局の第一印象になります。そのため、事務員の接遇・マナーを研修することは薬局において非常に重要です。接客対応・マナー改善を目的とした資料作成、患者アンケート等を実施します。
事務プロジェクト
医療保険、介護保険、介護用品・OTC、安全対策・店舗管理等のグループに分かれ活動しています。医療保険は一般的な社会保険、国民健康保険の他、公費、自賠責、自立支援など保険制度の意味・意義を十分理解し、事務・薬剤師の職能に反映させることを目的に資料作成等を行います。介護用品・OTCでは、かかりつけ薬局として、一般用医薬品、健康食品、介護用品、医療機器の必要な商品説明ツール、POP販売ツール作成などを薬剤師と相談しながら行います。各店舗の事務管理マニュアルを取りまとめ、統一した手順で業務を遂行できるよう各種書類の整備や配置の指導などを行います。
3
3
3
3
list_title
1 / 212
【日経DI】に当社関連記事が掲載されました。
2017.10.16

2017年10月号の「日経ドラッグインフォメーション プレミアム版」に当社関連記事が紹介されま

したのでお知らせいたします。

 

掲載内容は、早川教授の薬学管理スキルアップセミナーに当社薬剤師が参加をし、

患者様の基本情報と処方内容から、病態や薬物治療に及ぼす影響について考えたり、患者ケアに必要な課題などを明らかにしていくものを記事として紹介しています。

 

なお、著作権の関係で掲載記事を転載することはできませんので、ご了承ください。

※2017年10月号の「日経ドラッグインフォメーション プレミアム版

10月号表紙

 

『メディカルフォレスト』に当社 薬剤師の記事原稿が掲載されました。
2016.09.15

当社薬剤師の記事原稿が、公益財団法人宇都宮市医療保健事業団が発行する『メディカフォレスト』 (2016 9.1発行)に掲載されました。

 

詳細はコチラ

%ef%be%92%ef%be%83%ef%be%9e%ef%bd%a8%ef%bd%b6%ef%be%99%e3%81%b5%e3%81%89%e3%82%8c%e3%81%86%e3%82%88%e8%a1%a8%e7%b4%99

 

『経口抗がん薬ハンドブック』に、当社 薬剤師の執筆原稿が掲載されました。
2016.02.10

当社 薬剤師が執筆に携わった、株式会社じほう社が発行する『経口抗がん薬ハンドブック』が

発売となりました。

 

経口抗がん薬全63成分のうち使用頻度の高い56成分について、各薬剤毎にチェックすべき項目を表やチャートを用いてわかりやすく解説した医薬品集となります。

用法・用量、相互作用はもちろん、汎用される他剤とのレジメン、用量調節、減量、休薬基準の他、注意すべき副作用、検査値も紹介。服薬指導に必要な服用方法や副作用も併せて掲載されています。

 

『経口抗がん薬ハンドブック』

発 行;株式会社じほう

発売日:2016年2月
定 価(税込)¥4,104

 

抗がん薬ハンドブック

 

『月刊介護保険』に当社関連記事が掲載されました。
2016.01.04

1月1日に株式会社法研発行の「月刊 介護保険」2016.1  vol.239 に当社関連記事が紹介されましたので

お知らせいたします。

掲載内容は、当社の薬剤師とケアマネジャーが残薬や重複投与の改善などに取り組んでいる

「残薬解消プロジェクト」の紹介です。

 

なお、著作権の関係で掲載記事を転載することはできませんので、ご了承ください。

月刊介護保険

 

 

 

 

 

 

 

『Partner』に当社、薬剤師の記事原稿が掲載されました。
2016.01.04

当社薬剤師の記事原稿が、製薬会社のMSDが発行する薬剤師向け情報誌『Partner』 (2016 vol.6)に

掲載されました。

掲載ページ:Partner No.14

【医療連携の評価軸を構築し、全国の底上げを実現したい】 

 

詳細はコチラ

partner

 

『CareNeTV』に当社薬剤師の講演動画配信中のお知らせ
2015.11.26

日本薬剤師研修センター主催にて開催された「病態と薬理を理解して薬学的ケアを実践する-大腸がん-」において、当社薬剤師が講演を行いました講演内容が医療教育動画サービスCareNeTVにて、

全国動画配信されましたのでお知らせいたします。

 

講演内容は、「第3回 大腸がんにおける保険薬局の取り組みについて」です。

●医療教育動画サービス 『CareNeTV』 

※有料配信になります。

『調剤と情報』に当社関連記事が掲載されました。
2015.11.02

11月1日(日)発売のじほう社発行「調剤と情報」に当社関連記事が紹介されましたので

お知らせいたします。

掲載内容は、当社の薬剤師とケアマネジャーが残薬や重複投与の改善などに取り組んでいる

「残薬解消プロジェクト」の紹介です。

 

なお、著作権の関係で掲載記事を転載することはできませんので、ご了承ください。

調剤と情報(facebook用)

 

 

 

 

 

 

 

フジサンケイビジネスアイに当社関連記事が掲載されました。
2015.09.16

 

9月16日(水)発行の「フジサンケイビジネスアイ」に当社関連記事が紹介されましたので

お知らせいたします。

 

掲載内容は、当社の薬剤師とケアマネジャーが残薬や重複投与の改善などに取り組んでいる

「残薬解消プロジェクト」の紹介です。

なお、著作権の関係で掲載記事を転載することはできませんので、ご了承ください。

 

Sankei Biz(http://www.sankeibiz.jp/business/news/150916/bsd1509160500001-n1.htm )でもご覧いただけます。

 

『ファーマシー・ニュースブレイク』に当社関連記事が掲載されました。
2015.09.11

2015年9月11日付(WEB版10日)の株式会社じほうの社の薬局・薬剤師向けのニュースメディア

『ファーマシー・ニュースブレイク』に、当社薬局の事務員のプロジェクトによる、患者様向けリーフレット「フレンド通信」発行スタートの関連記事が紹介されましたのでお知らせいたします。

※許可を得て掲載しています。

 

詳細はコチラ (※掲載記事は第6面になります)

WEB版はコチラ

ファーマシーニュースブレイク0910(WEB)

 

 

 

 

 

 

 

『月刊ドラッグマガジン』に当社関連記事が掲載されました。
2015.09.02

9月1日(火)発行の『月刊ドラッグマガジン』に当社関連記事が紹介されましたので

お知らせいたします。

掲載記事は、当社、薬剤師とケアマネジャーによる残薬解消プロジェクト発足についてです。

 

詳細はコチラ ※出典「月刊ドラッグマガジン2015年9月号より」

※許可をいただいて掲載しています。

 

2015ー9月号

『ファーマシー・ニュースブレイク』に当社関連記事が掲載されました。
2015.08.19

2015年8月19日付(WEB版18日)の株式会社じほうの社の薬局・薬剤師向けのニュースメディア

『ファーマシー・ニュースブレイク』内の時事解説欄に、当社所属の薬剤師とケアマネジャーによる『残薬解消プロジェクト』の関連記事が紹介されましたのでお知らせいたします。

※許可を得て掲載しています。

 

詳細はコチラ (※掲載記事は第3~4面)

WEB版はコチラ

無題

 

 

 

 

 

 

 

第1回岩手県奥州地区 薬薬連携研修会で発表
2015.08.18

フレンド特別講演 「外来がん化学療法における薬薬連携の取り組み」

kouenn

『ファーマシー・ニュースブレイク』に当社関連記事が掲載されました。
2015.08.01

2015年7月29日付、株式会社じほうの社の薬局・薬剤師向けのニュースメディア

『ファーマシー・ニュースブレイク』に、当社関連記事が紹介されましたのでお知らせいたします。

 

掲載内容は、高齢者が抱える残薬・重複投与問題へ取り組む当社所属の薬剤師とケアマネジャーによる『残薬解消プロジェクト』発足の紹介です。

※許可を得て掲載しております。

 

詳細はコチラ (※掲載記事は第1~2面)

 

WEB版詳細ページはコチラ

掲載1 - コピー

 

 

 

 

 

 

下野新聞にて当社関連記事が掲載されました
2015.05.18

2015年5月16日付の下野新聞朝刊にて、当社関連記事が掲載されましたのでお知らせします。

「通訳アプリ 薬局に導入」と題された記事では、当社が導入している外国人向けの通訳アプリ活用について紹介されています。

なお、著作権の関係で掲載記事を転載することはできませんのでご了承ください。


●通訳アプリの導入を拡大

 

 

『ファーマシー・ニュースブレイク』に当社関連記事が掲載されました。
2015.05.11

㈱じほう社の、薬局・薬剤師向けのニュースメディア『ファーマシー・ニュースブレイク』に、

当社薬局関連記事が紹介されましたのでお知らせいたします。

 

掲載内容は、当社薬局で導入している外国語対応アプリ(通訳★アプリ)の導入についての紹介です。

※許可を得て掲載しております。

 

詳細はコチラ (※掲載記事は第7~8面)

WEB版はコチラ

WEB版

 

 

 

 

 

当社、薬剤師の記事原稿が掲載されました。<調剤と情報2015年4月1日号>
2015.04.06

当社薬剤師の記事原稿が、『調剤と情報』 (2015年4月1日号)に掲載されました。

 

掲載誌:『調剤と情報』

発行日:2015年4月1日号

【特集】薬局から始める感染対策  

    ※薬局における感染対策

 

詳細はコチラ

無題

 

『月刊ドラッグマガジン』に当社関連記事が掲載されました。
2015.04.01

4月1日(水)発行の『月刊ドラッグマガジン』に当社関連記事が紹介されましたので

お知らせいたします。

 

掲載内容は「拡充求められる薬局の外国人・外国語対応」のレポート内で、当社薬局で導入している

『どこでも★通訳』(テレビ電話による通訳サポート)や、外国語対応の問診票などの紹介の他、芝大門店での実例が紹介されています。

※許可を得て掲載しております。

 

詳細はコチラ  ※出典「月刊ドラッグマガジン2015年4月号より」

P4010096 - コピー

フレンド公開講座 「最期まで目一杯生きる」萬田緑平先生
2015.02.01

2月1日(日)緩和ケア診療所いっぽ(群馬県)医師 萬田緑平先生をお招きし、公開講座を開催いたしました。

当日は400名近い方々にお集まりいただきありがとうございました。

<講演内容>
「最期まで目一杯生きる」 緩和ケア診療所いっぽ 医師 萬田緑平先生
緩和ケアのテクニックの話ではありません。患者、家族の写真、生の声、動画を中心に癌患者さんの自宅で目一杯生きる姿を伝えたいと思ってます。そしてそこから「あなた」が「何が出来るのか」「何をしたいのか」の、ヒントを掴んでもらえればいいと思っています。

<日時>2月1日(日) 10:00~12:00(開場 9:15)
<会場>小山グランドホテル
<主催>株式会社フレンド
<後援>小山市

1image3

公開講座

がんの治療ブレイクスルーを担う医療人育成セミナーで発表
2014.10.30

フレンド発表演題 「保険調剤薬局薬剤師の経口抗がん剤への関わり方」

1

当社、薬剤師が監修を務めました<薬剤師の服薬マネジメント3>
2014.11.30

当社、薬剤師が監修を務めました。<パーキンソン病>薬剤師の服薬マネジメント2

※大日本住友製薬様リーフレット

詳細はコチラ→薬剤師の服薬マネジメント

表紙

当社、薬剤師が監修を務めました<薬剤師の服薬マネジメント2>
2014.10.22

当社、薬剤師が監修を務めました。<パーキンソン病>薬剤師の服薬マネジメント2

※大日本住友製薬様リーフレット

詳細はコチラ→薬剤師の服薬マネジメント

表紙

第47回日本薬剤師会学術大会で発表
2014.10.14

 

<2014年10月12日>
フレンド発表演題 「保険薬局における感性制御と今後の展望」

 

無題

第24回日本医療薬学会年会で発表
2014.09.29

<2014年9月27日~28日>
フレンド発表演題 「日本臨床腫瘍薬学会の目指すもの」

 

⑤

当社、薬剤師が監修を務めました<薬剤師の服薬マネジメント>
2014.05.30

当社、薬剤師が監修を務めました。<パーキンソン病>薬剤師の服薬マネジメント

※大日本住友製薬様リーフレット

詳細はコチラ→パーキンソン病リーフレット

無題

第10回群馬県薬剤師会学術大会ランチョンセミナーⅡで発表
2014.05.19

<2014年5月18日>第10回群馬県薬剤師会学術大会ランチョンセミナーⅡにて発表

発表演題「外来がん化学療法における薬薬連携の取り組み~情報共有の構築とスキルアップを目指して~」

 

第10回群馬県薬剤師会学術大会プログラム

第4回 国際観光医療学会学術集会 で発表
2013.10.12

<2013年10月12日>一般演題にて発表

(調剤事業部)フレンド薬局芝大門店における外国人アプリの活用とその効果

(介護事業部)中国の老人施設と介護内容の現状

第4回国際観光医療学会学術集会

第46回日本薬剤師会学術大会で発表
2013.09.23

<2013年9月22日・23日>発表演題

①「アムロジピンの1日1回投与と1日2回投与に関する実態調査」

②「㈱フレンドの小児科門前薬局における乳幼児・小児服用指導の実態と改善への取り組み」第46回日本薬剤師会学術大会

日本病院薬剤師会関東ブロック第43回学術集会で発表
2013.09.01

<2013年9月1日>外来ガン化学療法における薬薬連携の取り組み

1

日本臨床腫瘍薬学会学術大会2013で発表
2013.03.17
<2013年3月17日>
発表演題 「がん化学療法における薬薬連携への取り組み~保険薬局の立場から~」
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2013
ファーマネクス
2012.11.01

【特集】患者の特性に注目する

スクリーンショット 2014-05-02 16.26.29

1 / 212